北欧モダンの家・モダン和風・プレーリースタイルの家造り

建築家がお勧めする北欧モダン・モダン和風等のアイテムや、建築旅行の写真、建築実例集を掲載しています。
近代建築の巨匠であるアルヴァ・アアルト、フランク・ロイド・ライト、吉村順三等の建築写真も紹介しています。

当建築設計事務所では北欧モダン住宅や和風モダン住宅、70年代風の落ち着いた住まいの設計を行っています。家造りの相談も行っていますのでお気軽にお声掛け下さい。

mail: konno@akatukidesign.com
フランク・ロイド・ライト設計ユニティテンプル〜常識を覆す教会建築
今回は建築家・フランク・ロイド・ライトの設計したユニティテンプルを紹介させて戴きます。

ユニティテンプルはライトが独立した後の初作品。
ユニテリアンの為の教会で、キリスト教で伝統的に用いられてきた三位一体(父と子と聖霊)の教理を否定し、神の唯一性を絶対的に強調する主義(ウィキペディアより)により建てられた教会。
その為、十字架が何処にも見あたらないんですね。

<フランク・ロイド・ライト設計のユニティ教会外観

外観も、通常の教会建設費の1/2という予算で建築した為、、コンクリート造の質素な素晴らしい教会となっている。
教会といえば大きなバラ窓。
そういった常識を覆し、勾配屋根をやめ平らな陸屋根(ろくやねという)を持った教会です。

ユニティ フランク・ロイド・ライト設計のユニティ教会

また、大通りに面する敷地の為、開口部を上部のみにしか設けず、遮音効果を狙ったり、入り口を奥に引っ込んだ所にする事で、都市の雑踏から離れた特別な神聖領域を作り出しているのだと思いました。

ユニティテンプルのエントランス ユニティ教会の看板

無駄な装飾は抑えられている分、ライトの抽象的な造形のデザインがとても目をひきます。
エントランス脇にあった看板のデザインが私のお気に入りです。

フランク・ロイド・ライト設計のユニティ教会

しかし、運悪くこの日は結婚式があるらしく予定より早く閉まってしまいました・・・

わざわざ日本から来たので、係りの人に頼み込んで、特別に数分間中を見させていただきました。
じっくり見る時間がなく、しかも写真も撮影箇所を厳選できず残念な思いを。

フランク・ロイド・ライト設計のユニティ教会 フランク・ロイド・ライト設計のユニティ教会

ただ、幸運なことに誰もいないチャペルの中を撮影できた事は貴重です。
少しでも見れたことに感謝しつつ、細かいディテールをじっくり見れなかった事は非常に残念でなりません。

私はフランク・ロイド・ライトの設計した自由学園明日館で挙式を挙げたもので、特にこのユニティテンプルの見学は感慨深いものでした。
計算しつくされた天窓からの明りはやわらかく空間を包み、そこで祈る人に安らぎを与えます。

先に述べたとおり、キリストを祀る教会と違って、神に祈りを捧げる事を主とするこの教会は、明るい光に包まれ、内部も一般的な教会と全く異なる雰囲気です。
※ユニティテンプルのテンプルとは神殿の意味。チャーチではない。

フランク・ロイド・ライト設計のユニティ教会 フランク・ロイド・ライト設計のユニティ教会

ライトは、このユニティテンプル設計にあたり随分日本文化を参考にしたといわれています。
インドのヒマーチャル地方の建築探訪の時参考にさせていただいた神谷武夫氏のHPの中に面白い記述がありました。

ユニティテンプルの平面計画が日光東照宮に類似するというものです。
シカゴ万博で日本の日光東照宮等の設計に感銘を受け訪問し、その一ヵ月後に設計をしたというのだから、その影響は否定できません。

ただ、それが日本の真似で悪いとかそういことでなく、同じ平面計画でも全く違った空間を作り出していることが素晴らしいと思うのです。
教会というと、入り口からはいるとすぐ正面に祭壇が見え、その背後にパイプオルガンがあるという建築構成が一般的だと思うのですが、そういった常識を完全に覆した事は本当に素晴らしく、それによってとても良い空間になっているのだと思います。

このシカゴのユニティテンプルへはフランク・ロイド・ライト風のプレーリースタイル住宅を設計する際に勉強として訪れました。
住宅でないこの教会の要素は直接的に設計に生かされることはありませんでしたが・・・

ライト風の門扉

しかし、ライトの幾何学的なデザインはどこか気づかないうちに影響を受けているんだとこの記事をまとめ直しながら気が付きました。
自邸の門扉がなんとなく、ユニティテンプルにあった看板に似ている気がします。
きちんと頭の奥底にインプットされていたんでしょうね(笑)

※この記事は以前個人blogで書いたものを再編集しています。
| フランク・ロイド・ライト | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0)
フランク・ロイド・ライトの自邸兼・アトリエ〜シカゴ・オークパーク
フランクロイドライトの自邸兼アトリエ

この家は近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの設計した建築家の自邸兼アトリエです。
私が、プレーリースタイルの家造りを行っている時に、デザインを参考にする為に視察に訪れた時のものです。
フランク・ロイド・ライトは日本でも有名な建築家で旧帝国ホテルの設計(ロビーは明治村に移築し現存)池袋にある自由学園明日館の設計にも携わった方です。

ライトの設計した自由学園明日館の写真 ライトの設計した旧帝国ホテルのロビーの写真

日本での事例は他に神戸のヨドコウ迎賓館でも見る事が出来ます。

さて、オークパークにあるフランク・ロイド・ライトの自邸兼アトリエについて話を戻しましょう。

自邸に埋め込まれたフランク・ロイド・ライトの文字 事務所と自宅の標識

シカゴの中心部から1時間ほどの距離にあるオークパークという高級住宅街の中にライトの自邸はあります。
後日、別途ご紹介いたしますがこの町には数多くのライトの設計した建物があり、ライトの自邸はそれらの建物を見学する拠点ともなっています。
(見学用のツアーがあり、テープレコーダーを借りて外観を見学できる)

ライトのアトリエ部分 ライトの自宅部分

ブックショップ内でツアーの予約をし、ライトの自宅兼アトリエの見学が始まりました。
ツアー中は写真を撮ることが出来ないのでじっくり説明を聞きながら順々に見ていく事になります。
上の二枚の写真はライトのアトリエ部分(左側)と自宅部分(右側)の外観写真です。
屋根の形等が全く異なっていて同じ建物とは思えませんが、それはアトリエ部分は後から増築したためです。
アトリエ部分は六角形の形の吹き抜けのある構造になっていて、梁の掛け方などが大胆でとても特徴的でした。

ライトのアトリエ部分の柱 ライトのアトリエ部分の柱アップ

アトリエ部分の入口にはライトがデザインした彫刻が施してあります。
コウノトリ?が図面を運んできたかのような模様が施してあります。

ライトの自邸内部の写真  ライトの自邸内部写真 ライトの自邸内部写真

フランク・ロイド・ライトはこれらの住宅を20代の時に行ったというから驚きです。
今も尚、洗練された素晴らしいデザインで装飾的ですがあまりくどさを感じさせない軽快感があります。
内部はもっと素敵な空間があったのですが、写真でお見せする事が出来なく残念です。。。

ライトの自邸外壁写真 ライトのデザインした彫刻

外壁はアメリカでは良く見るベベルサイディングなのですが、ライトの内部空間のイメージとはあまりマッチしていない気がします。
若くして設計したこの家は、まだまだライトの実験的な段階で、後にプレーリースタイルとして確立する外観とは異なるのです。
とはいえ、龍の鱗のようなこの外壁も素敵なんですけどね。

日本の建築家とライトが明らかに違うのは、やはりその装飾性や造形美だと思います。
右の写真の彫刻もライトが造ったというのですから、とても多才だった事が伺えます。
やはり、建築家はこのように様々な方法で”美”を追求しなければならないのですね・・・

フランクロイドライトの自邸兼アトリエ

最後にオマケの写真。
いかにライトといえども全ての立面が美しいという訳ではありませんでした。
設備の配管やらエアコンの室外機など、この場は出来る限り見学者には見て欲しくないんだろうなって所。

こういう所を見ると、やはり日本の建築家のほうがキメ細かい仕事をしているんだなって思います。
でも、逆に気にしすぎな部分もあるのかな?
特にエアコンを外壁に似せて色を塗っているところが衝撃でした(笑)

---

→フランク・ロイド・ライトの自邸兼スタジオの公式HP
ライトの自邸の住所やツアーの詳細情報はこちらでご確認下さい。


大きな地図で見る

↑フランク・ロイド・ライトの自邸兼アトリエの地図です。
「大きな地図で見る」をクリックして航空写真やストリートビューで外観を見ることが出来ます。(人マークをクリックしてもストリートビューになります)
ストリートビューモードでは他のユーザーさんが撮影した写真がクリップされているのでそちらも併せてご覧下さい。

また、オークパーク内の他のライトが設計した建物も見る事が出来るのでバーチャル体験しても面白いかもしれません。

---お勧め書籍---


私がプレーリースタイル住宅を設計する際に参考にさせていただいた書籍です。

| フランク・ロイド・ライト | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0)

Please Click Ranking Button

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
本blogがお役に立てば投票お願いしま〜す!
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 北欧スタイルのTVボード〜アンティーク家具のローボードを再生
    akatuki (09/01)
  • 北欧スタイルのTVボード〜アンティーク家具のローボードを再生
    よしよし (09/01)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
Akatuki Design Second Blog
Akatuki Design 一級建築士事務所主催建築家「今野 暁史」の個人blogです。
国内外旅行情報を始め、インテリア・雑貨、建築に関する詳細情報をお伝えします。
趣味の映画鑑賞や海外旅行のことまで決まったテーマもなくだらだらと日記を書いています。
→ライフスタイルをデザインするAkatuki Design
RSS表示パーツ
My Favorite Items
スティグ・リンドベリ復刻版ティーカップ&ソーサーGustavsberg グスタフスベリ BERSA ベルサ Tea Set 124986
スティグ・リンドベリ復刻版ティーカップ&ソーサーGustavsberg グスタフスベリ BERSA ベルサ Tea Set 124986 (JUGEMレビュー »)
スティグ・リンドベリの復刻版。ハンドメイドでオリジナルと同じクオリティ。稀少品です。
My Favorite Items
My Favorite Items
ペンダントライト (PH5 Plus)
ペンダントライト (PH5 Plus) (JUGEMレビュー »)

我家のペンダントライトはPH5+です。
My Favorite Items
My Favorite Items
【ポイント2倍】【即納可能】【送料無料】Lisa Larson(リサ・ラーソン) Lion(ライオン) Mサイズ
【ポイント2倍】【即納可能】【送料無料】Lisa Larson(リサ・ラーソン) Lion(ライオン) Mサイズ (JUGEMレビュー »)
我家で飼っているライオンのサイズ違いです。
我家ではLサイズを飼っています。
My Favorite Books
住まいの設計11月号(50周年記念号)にて当事務所物件が掲載されています。
8ページにわたり紹介されています。