北欧モダンの家・モダン和風・プレーリースタイルの家造り

建築家がお勧めする北欧モダン・モダン和風等のアイテムや、建築旅行の写真、建築実例集を掲載しています。
近代建築の巨匠であるアルヴァ・アアルト、フランク・ロイド・ライト、吉村順三等の建築写真も紹介しています。

当建築設計事務所では北欧モダン住宅や和風モダン住宅、70年代風の落ち着いた住まいの設計を行っています。家造りの相談も行っていますのでお気軽にお声掛け下さい。

mail: konno@akatukidesign.com
IKEAに見る北欧モダン住宅学〜多彩な色彩空間
IKEAの北欧モデル空間

一言で北欧モダンというインテリアを語る事が出来ません。
私も北欧モダンな空間が好きなのですが、その要素が何なのか?
それを他のインテリアテーマのように明確に言い表す事が出来ないのです。

IKEAが2006年に日本に上陸してから大分月日が経ちました。
IKEAは今までの家具量販店と違い、商品を部屋に見立てた単位空間にディスプレイし販売するという手法をとっています。
北欧モダンの空間を体感するにはもってこいのディスプレイだと思うのですが、どうも最近は余り参考にならなくなってきたように思います。

上陸直後のIKEAのディスプレイは今と違いもっと洗練されていたように感じています。
それは恐らく、キチンと現地のデザイナーを入れ洗練した単位空間を作り出していたからだと思います。
最近は、新商品などの入れ替えの為、空間重視のディスプレイでなく、展示する物主体のレイアウトとなってしまって魅力的な空間が減ってしまったのかもしれません。

そんな、上陸直後の単位空間をキチンと写真に収めていればよかったのですが・・・
残念ながら撮影していなかったようなので、今回はそのオープン前に青山で展示されていたIKEAのお披露目用のディスプレイを少し紹介したいと思います。

IKEAの北欧モデル空間

どのディスプレイも、日本のアパートのようなシーリング照明(蛍光灯の天井付けの器具で一灯で部屋全体を明るくする目的の物)を使った単位空間はなく、弱い明かりを分散させて陰影をつけた空間となっています。
コレは屋外の展示だった為、フットライトや間接照明などまでは用いていませんでしたが、この照明使いが北欧モダン住宅のエッセンスのように思います。

夏は白夜で一日中明るい北欧。
一方、冬は暗い時間が多く、灯りの質にはこだわりが強いのだと思います。

収納も扉を設けずに見せる収納がポイントです。

IKEAの北欧モデル空間

家具の色とフローリングの色を合わせたレイアウト。
シンプルな色使いで比較的真似しやすい空間。

IKEAの北欧のキッチン

これは、私の思い描く北欧モダンとちょっとイメージが違いますが、シンプルな空間に挿し色を入れるているのを北欧のインテリアでよく見かけます。
でも、私のイメージではこういったビビットの色彩ではなく淡い色使いの色彩が挿し色に使われている空間のイメージなんですよね・・・

IKEAの北欧のベットルーム

この壁のようなモスグリーンのやわらかい壁が北欧のイメージです。
ですが、ちょっとこの部屋はちょっとやりすぎですよかね?

IKEAの北欧の子供部屋

北欧のキッズルームはとても賑やか。
色鮮やかなアイテムが部屋中に散らばっていて、そのカオスな感じもまた北欧デザインなのかもしれません。
(もちろん、ただ散らかっているのとは何か違うんですけどね)

IKEAの北欧風主寝室

しかし、中にはとっても違和感のあるモデル空間も。
蚊のいないだろう北欧に天蓋付きのベッドルーム。
うむ。。。
なんだか北欧のインテリアがわからなくなってきました(笑)
北欧のインテリアという枠組みも決して一つでなく、多様な文化が入り込み進化しているようですね。

IKEAの北欧モデル空間 IKEAの北欧モデル空間 IKEAの北欧モデル空間

という事で、IKEAのディスプレイを分析した所で余り明快な答えが得られませんでした・・・
やはり、北欧モダンの要は小物とテキスタイルや北欧家具といった洗練されたアイテムによるものだという事かもしれません。
もちろん、フローリングの材種や壁の色、造り付け収納などの要素によって北欧の空間を演出する事が出来ますが、IKEAの家具だけではちょっと物足りないのかな??

IKEAのストックホルムシリーズコーヒーテーブル IKEAのストックホルムシリーズローテーブル

IKEAのストックホルムシリーズコーヒーテーブル IKEAのストックホルムシリーズ本棚

とはいえ、IKEAの家具も厳選すればかなりいものがあるのも確かです。
これらはIKEAのストックホルムシリーズの物。
北欧アンティーク調の可愛らしいデザインの家具です。
もっとこのシリーズのラインナップが増えると嬉しいのですが、IKEAの中では高価格帯の為あまり売れないのかな?

北欧モダンのインテリア。
空間の要となる家具を厳選し、トータルコーディネートする事。
やはりそれが重要なのかな?
| 北欧モダン住宅のアイデア | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0)
北欧風・家具調洗面化粧台〜朝日を浴びた明るい洗面室
北欧風洗面化粧台

北欧モダンの住宅を設計する際に悩むのが洗面室。
既製品の洗面化粧台ではなかなか満足できる洗面化粧台って見つからないものです。
以前、中古家具にシンクを取り付け洗面化粧台にしたことがありますが、使いやすい高さやサイズなど利便性も兼ね添えた洗面化粧台を作る事はなかなか難しいんですね。

今回は、洗面化粧台に北欧風の脚を取り付け、家具のように見立てた洗面化粧台を作ってみました。
足元には体重計や、ゴミ箱なども置く事が出来き、結構便利です。
ただし、壁いっぱいに作ってしまうと家具のように見えないので巾をめいいっぱいに取らずに余裕を持たせています。
洗面化粧台の下台は収納量が若干減ってしまうので、他でカバーする必要が出てきますが、家全体のテイストを崩すことなく北欧風にまとめる事が出来ました。

北欧風洗面化粧台

シンクは人造大理石のカウンターの下に納めるアンダーシンクとしています。
顔を洗っても水はねのしにくい大容量のシンクで手洗いとしての機能も満たしています。

北欧風洗面化粧台と間接照明のミラーキャビネット

また、ミラーキャビネットには間接照明を設け、ちょっとした演出をしています。
こういった間接照明は実用性というよりデザイン要素が強く、洗面所の灯りを他からも愉しむ事が出来る場合。例えば浴室と一体化して、浴室から見て愉しむ場合や来客の為の照明の場合に効果を発揮します。
そういったシーンをキチンと想定しながらデザインすることも重要になってきます。

完成時の竣工写真ばっかり格好良くてもしょうがないのです。
生活と一体になったデザインこそ真のデザイン。
生活に彩を与える演出ではなければ意味がないのです。
| 北欧モダン住宅のアイデア | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0)
北欧スタイルのTVボード〜アンティーク家具のローボードを再生
北欧スタイルのTVボード

北欧のインテリアで探すのを苦労したのがこのTVボード。
北欧ではあまりTVを見ないからか?アンティーク家具をいくら探してもTVボードが見つからないのです。
そこで、造りつけのTVボードを設計する事も考えたのですが・・・
クオリティーを求めてしまうととても高くなってしまうのです。

そこで、アンティークのローボードでTVボードとして使えそうなものを探す事にしたのです。
その中で出会ったのがこの家具です。

一目惚れ(笑)

しかし、この家具・・・
実は北欧の家具でなくてイギリスの骨董家具だったんですよ。
タイトルで北欧スタイルのTVボードと謳っておきながら英国家具で申しわけありません・・・

北欧デザインの取手や抽斗
※写真をクリックすると拡大します。

しかし、細かいディテールなどは北欧家具に通じるやわらかさを持っていて愛着の持てる家具です。
TVボードにあると嬉しい抽斗がついていてなかなか良いデザインです。

北欧ローボード
※写真をクリックすると拡大します。

中央部分は下にヒンジがついていて開くタイプの扉の家具でした。
この部分にDVDレコーダーや5.1chのチューナーなどが収納できる事を確認し、購入を決めました。
もともとTVボードとして設計されていないので、購入後に機器が入らないという事では意味がないですからね。

背板部分に穴あけ加工を施し、TVのアンテナや配線を通せるようにします。
今のDVDレコーダーはテレビと同じメーカーのものであればテレビのリモコンで連動して録画等を出来るものもありますが、TVのみの利用の時も無駄に起動してしまうのはちょっと勿体無いのですよね。。。

その為、連動操作を解除してレコーダー利用時は扉を開けて鑑賞する事としています。
子供の悪戯からは容易に免れる事が出来ませんが、今のところ不自由なく利用できています。
引戸の家具等をTVボードに転用すればもう少し使い勝手も良いかと思います。

TVボードの間接照明
※写真をクリックすると拡大します。

TVボードの背後には間接照明を用意し、夜はほんのりとつけて利用します。
灯りで浮かび上がるその姿はまた格別です。
せっかくのTVボードですからTVを見ていないときにも絵になる演出で空間に彩を与えたい所です。

---

今回紹介した北欧風TVボードは実際我家で利用しているTV台です。
高さは通常のTVボードよりも高く一般的ではありませんが、大型のTVであれば(写真は42inch)それほど目が疲れるという事はありません。(ただ、そんなに長時間連続してTVを見ていません)

でも、やはりソファーなどはゆったりもたれかかるタイプのものでないと首が疲れてしまうかもしれません。
座の部分の浅いソファーや首の部分をクッションなどでサポートできないものの場合は苦労するかもしれませんので、念の為お伝えしておきます。

---

ちなみに現在子育て真っ最中の我家ではこのTVボードにオムツや靴下のストック、玩具なども一時的に収納しています。
抽斗には説明書や小物を収納できるのでとても便利です。
確か、この家具10数万円だったと思ったのですが、もしこのグレードのものを設計しようと思うとその倍はくだらないわけで、造りつけ家具と既製品(北欧アンティーク家具)を織り交ぜて空間をコーディネートしながら設計する事も重要だと思うのです。
| 北欧モダン住宅のアイデア | 21:06 | comments(3) | trackbacks(0)
北欧モダンリビングで寛ぎのひと時〜お勧めのローテーブル
北欧ローテーブル

北欧モダン住宅のリビングルームは決して南向きでなくても良いと思っています。
それはサンサンと太陽が降り注ぐ住宅より、ほんのり明るい程度の家のほうが北欧の家具が映えるからです。
もちろんただ暗いだけの家がいいというわけではなく、窓の位置やサイズをコントロールし調節することが重要です。
それにはテーマとなるテーブルや家具のコーディネートが重要だということは言うまでもありません。

お勧めの北欧ローテーブル

コレは私の自邸で利用している北欧アンティークのコーヒーテーブル。
1960〜70年代の中古家具を手入れして利用しています。
もちろん、様々なデザインの北欧テーブルがある訳ですが、その中でデザインと機能両方を兼ね添えたお気に入りの一品です。

デザイナーさんや当時作成していた家具屋さんの名前も良く解りませんので、コレと同じタイプのテーブルがすぐに見つからないかもしれませんがご紹介します。

北欧ローテーブル ローテーブルの引き出し

まず、北欧デザインの家具の特徴でもあるこの丸脚。
すっと先の細くなった脚線美は秀逸です。

そして、このテーブルの特徴の一つがテーブルの天板の端にくるっと返しがついていて遊び心があること。
さらに引き出しが前後両方から引き出すことが出来てとても実用的なのです。
雑誌やリモコンを収納できる棚までついて、至れり尽くせりのコーヒーテーブルです。

前後両方から使える引き出しは、ランチョンマットやコースター、ティッシュなどを収納でき、コーヒーブレークの際にとても便利に使わせていただいています。

引き出しの取っ手といい、デザインも優れている上に実用的。
そこが北欧家具のすばらしい所です。

---

北欧モダンのインテリアを成功させる秘訣は、まず家具にこだわる事。
お気に入りの家具のテイストに合わせて空間を考えるプロセスがとても重要だと思います。

アンティークの家具を購入するに当り、気に入った家具がサイズが大きすぎて入らない。
家を建てた後だとそんな問題も起きてしまいますが、予め家具を決めることが出来れば、それにあった空間構成も可能になる訳です。

もちろん、住むのは人ですから家具の為の家を造るのは本末転倒です。
ただ、気に入った家具に囲まれて暮らす喜びも捨てがたいものです。

ですから、家を建てる前に見つけられればBestですが、建築後にじっくり時間を掛けて探すという方法もやむを得ないでしょう。
実際、こんな偉そうな事を書きながら、私もこの家具に出会うまで1年半掛かってしまいました(笑)

設計時に家具のイメージを思い描いていたものの、なかなか運命の一品に出会えなかったんですね。
しかし、それだけに新品の家具にはない落ち着いた雰囲気をこのローテーブルが放ってくれています。

そういった家具と空間の調和が私は大切だと思っています。

→購入したのは目黒・吉祥寺の北欧家具屋さん・Lewis(ルイス)さんです
| 北欧モダン住宅のアイデア | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0)
北欧モダン照明の定番PH5プラス〜ちょっとお酒の飲みたくなるダイニング
北欧モダン照明の不朽の名作PH5+
北欧モダン照明の定番中の定番。
PH5プラス。
北欧風のダイニングスペースに設置する照明で一番の候補だったのがこの照明ですが、実はもうひとつ最後まで悩んだ照明がありました。

カフェアアルトの照明 カフェアアルトの写真


それは、アルヴァ・アアルトのデザインしたGOLDEN BELL(ゴールデンベルSS335)。

北欧旅行で訪れたアアルト・カフェで多用していて、その実際の雰囲気がとてもよかったんです。
しかし、この照明では家族4人の食卓となると若干明るさが足りないのです。(60Wまでの対応)

その為、北欧照明として最もポピュラーなポールヘニングセイがデザインしたPH5を採用する事にしました。
ただ、ここで一つ問題が。
従来型のPH5と日本人の食卓に併せたPH5+という二種類のPH5が存在するのです。
PH5は紛れもなくポール・ヘニングセイが光の反射や色温度を計算して設計したものではあるのですが、PH5+は150W電球や電球型蛍光灯に対応できるように改良されたものなのです。
※現在はPH5も150W対応となっているようです。
直下綿照度がPH5+の方が強い設計となっている模様です。(不確かな情報ですみません)

通常であれば、大は小を兼ねるということでPH5+で問題ないと思うのですが・・・
実はこのランプは反射する光の色を調整する為に、シェードに赤や紫の色が塗ってあるんですね。
その色やガラスのカバー部分が対応する電球型蛍光灯等に併せて改良が加えられている分、当初ポール・ヘニングセイがイメージした灯りの質と異なってしまうのではないか?

そういう不安があったのです。

しかし、実際YAMAGIWA等で確認した所、光の質なども極端に変わりなく、むしろ明るいPH5+の方が使い勝手がいいと判断しました。

PH5+のありえない赤 PH5+下から見た状態

しかし、購入後現場に届いてビックリしたのがその内部に塗られた色。
正直、間違えて他の色が届いたのかと疑ってしまいました。
セットしてしまえば、殆ど見えなくなるので全く問題ないのですが。。。
色が塗られているという知識はあっても実際に見ると驚くぐらいエグイ色です。

でも、この色のおかげで、放たれる照明はやわらかく温かい照明になるのです。

それと、PHランプの特徴はランプを下から覗き込んでも直接光源が見えないように設計されているという事。
その為、ダイニングテーブルの中央から徐々に明るくなる独特な雰囲気の灯りを醸し出してくれるのです。

PH5+のシェードを外した状態 PH5+

シェードを外すとこのようになります。
この時ソケットについているネジを回す事でランプの位置を調整できるようになっており、電球型蛍光灯や150W電球を利用できるように改良されています。

このように見た目のデザインだけで注目を浴びる事が多いPH5ですが、実はその極め細やかな性能とその照明を灯した時の灯りの質までデザインされているという事を忘れてはいけません。
他のペンダントランプに比べると割高な照明器具ですが、このPH5+が灯す食卓の雰囲気は格別です。
ついついお酒が飲みたくなるような、まろやかな時間の流れを感じさせてくれます。


→PH5Plus(SS111W)の購入はこちらから(楽天)

| 北欧モダン住宅のアイデア | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0)

Please Click Ranking Button

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
本blogがお役に立てば投票お願いしま〜す!
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 北欧スタイルのTVボード〜アンティーク家具のローボードを再生
    akatuki (09/01)
  • 北欧スタイルのTVボード〜アンティーク家具のローボードを再生
    よしよし (09/01)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
Akatuki Design Second Blog
Akatuki Design 一級建築士事務所主催建築家「今野 暁史」の個人blogです。
国内外旅行情報を始め、インテリア・雑貨、建築に関する詳細情報をお伝えします。
趣味の映画鑑賞や海外旅行のことまで決まったテーマもなくだらだらと日記を書いています。
→ライフスタイルをデザインするAkatuki Design
RSS表示パーツ
My Favorite Items
スティグ・リンドベリ復刻版ティーカップ&ソーサーGustavsberg グスタフスベリ BERSA ベルサ Tea Set 124986
スティグ・リンドベリ復刻版ティーカップ&ソーサーGustavsberg グスタフスベリ BERSA ベルサ Tea Set 124986 (JUGEMレビュー »)
スティグ・リンドベリの復刻版。ハンドメイドでオリジナルと同じクオリティ。稀少品です。
My Favorite Items
My Favorite Items
ペンダントライト (PH5 Plus)
ペンダントライト (PH5 Plus) (JUGEMレビュー »)

我家のペンダントライトはPH5+です。
My Favorite Items
My Favorite Items
【ポイント2倍】【即納可能】【送料無料】Lisa Larson(リサ・ラーソン) Lion(ライオン) Mサイズ
【ポイント2倍】【即納可能】【送料無料】Lisa Larson(リサ・ラーソン) Lion(ライオン) Mサイズ (JUGEMレビュー »)
我家で飼っているライオンのサイズ違いです。
我家ではLサイズを飼っています。
My Favorite Books
住まいの設計11月号(50周年記念号)にて当事務所物件が掲載されています。
8ページにわたり紹介されています。