北欧モダンの家・モダン和風・プレーリースタイルの家造り

建築家がお勧めする北欧モダン・モダン和風等のアイテムや、建築旅行の写真、建築実例集を掲載しています。
近代建築の巨匠であるアルヴァ・アアルト、フランク・ロイド・ライト、吉村順三等の建築写真も紹介しています。

当建築設計事務所では北欧モダン住宅や和風モダン住宅、70年代風の落ち着いた住まいの設計を行っています。家造りの相談も行っていますのでお気軽にお声掛け下さい。

mail: konno@akatukidesign.com
<< スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg )復刻版のカップ&ソーサーと使わなくても嬉しい飾り棚 | main | 北欧モダンスタイルのリビング〜北欧モダン住宅は家具選びから >>
北欧モダン照明の定番PH5プラス〜ちょっとお酒の飲みたくなるダイニング
北欧モダン照明の不朽の名作PH5+
北欧モダン照明の定番中の定番。
PH5プラス。
北欧風のダイニングスペースに設置する照明で一番の候補だったのがこの照明ですが、実はもうひとつ最後まで悩んだ照明がありました。

カフェアアルトの照明 カフェアアルトの写真


それは、アルヴァ・アアルトのデザインしたGOLDEN BELL(ゴールデンベルSS335)。

北欧旅行で訪れたアアルト・カフェで多用していて、その実際の雰囲気がとてもよかったんです。
しかし、この照明では家族4人の食卓となると若干明るさが足りないのです。(60Wまでの対応)

その為、北欧照明として最もポピュラーなポールヘニングセイがデザインしたPH5を採用する事にしました。
ただ、ここで一つ問題が。
従来型のPH5と日本人の食卓に併せたPH5+という二種類のPH5が存在するのです。
PH5は紛れもなくポール・ヘニングセイが光の反射や色温度を計算して設計したものではあるのですが、PH5+は150W電球や電球型蛍光灯に対応できるように改良されたものなのです。
※現在はPH5も150W対応となっているようです。
直下綿照度がPH5+の方が強い設計となっている模様です。(不確かな情報ですみません)

通常であれば、大は小を兼ねるということでPH5+で問題ないと思うのですが・・・
実はこのランプは反射する光の色を調整する為に、シェードに赤や紫の色が塗ってあるんですね。
その色やガラスのカバー部分が対応する電球型蛍光灯等に併せて改良が加えられている分、当初ポール・ヘニングセイがイメージした灯りの質と異なってしまうのではないか?

そういう不安があったのです。

しかし、実際YAMAGIWA等で確認した所、光の質なども極端に変わりなく、むしろ明るいPH5+の方が使い勝手がいいと判断しました。

PH5+のありえない赤 PH5+下から見た状態

しかし、購入後現場に届いてビックリしたのがその内部に塗られた色。
正直、間違えて他の色が届いたのかと疑ってしまいました。
セットしてしまえば、殆ど見えなくなるので全く問題ないのですが。。。
色が塗られているという知識はあっても実際に見ると驚くぐらいエグイ色です。

でも、この色のおかげで、放たれる照明はやわらかく温かい照明になるのです。

それと、PHランプの特徴はランプを下から覗き込んでも直接光源が見えないように設計されているという事。
その為、ダイニングテーブルの中央から徐々に明るくなる独特な雰囲気の灯りを醸し出してくれるのです。

PH5+のシェードを外した状態 PH5+

シェードを外すとこのようになります。
この時ソケットについているネジを回す事でランプの位置を調整できるようになっており、電球型蛍光灯や150W電球を利用できるように改良されています。

このように見た目のデザインだけで注目を浴びる事が多いPH5ですが、実はその極め細やかな性能とその照明を灯した時の灯りの質までデザインされているという事を忘れてはいけません。
他のペンダントランプに比べると割高な照明器具ですが、このPH5+が灯す食卓の雰囲気は格別です。
ついついお酒が飲みたくなるような、まろやかな時間の流れを感じさせてくれます。


→PH5Plus(SS111W)の購入はこちらから(楽天)

| 北欧モダン住宅のアイデア | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokuounoie.akatukidesign.com/trackback/5
トラックバック

Please Click Ranking Button

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
本blogがお役に立てば投票お願いしま〜す!
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 北欧スタイルのTVボード〜アンティーク家具のローボードを再生
    akatuki (09/01)
  • 北欧スタイルのTVボード〜アンティーク家具のローボードを再生
    よしよし (09/01)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
Akatuki Design Second Blog
Akatuki Design 一級建築士事務所主催建築家「今野 暁史」の個人blogです。
国内外旅行情報を始め、インテリア・雑貨、建築に関する詳細情報をお伝えします。
趣味の映画鑑賞や海外旅行のことまで決まったテーマもなくだらだらと日記を書いています。
→ライフスタイルをデザインするAkatuki Design
RSS表示パーツ
My Favorite Items
スティグ・リンドベリ復刻版ティーカップ&ソーサーGustavsberg グスタフスベリ BERSA ベルサ Tea Set 124986
スティグ・リンドベリ復刻版ティーカップ&ソーサーGustavsberg グスタフスベリ BERSA ベルサ Tea Set 124986 (JUGEMレビュー »)
スティグ・リンドベリの復刻版。ハンドメイドでオリジナルと同じクオリティ。稀少品です。
My Favorite Items
My Favorite Items
ペンダントライト (PH5 Plus)
ペンダントライト (PH5 Plus) (JUGEMレビュー »)

我家のペンダントライトはPH5+です。
My Favorite Items
My Favorite Items
【ポイント2倍】【即納可能】【送料無料】Lisa Larson(リサ・ラーソン) Lion(ライオン) Mサイズ
【ポイント2倍】【即納可能】【送料無料】Lisa Larson(リサ・ラーソン) Lion(ライオン) Mサイズ (JUGEMレビュー »)
我家で飼っているライオンのサイズ違いです。
我家ではLサイズを飼っています。
My Favorite Books
住まいの設計11月号(50周年記念号)にて当事務所物件が掲載されています。
8ページにわたり紹介されています。